退職代行サービス

退職代行サービスで非弁業者と弁護士事務所の違いは?料金比較も!

退職代行サービスは、本人に代わって会社に退職の意思を伝えてくれ、即日退職もできることで話題を集めています。

さまざまな事情で退職を言い出すのが困難な方にとっては、心強い味方になってくれるでしょう。

そんな退職代行サービスは、民間企業のみではなく、弁護士事務所でも行われています。

今回の記事では、

退職代行サービスで非弁業者と弁護士事務所の違いは?

料金比較も!

についてフォーカスします。

退職代行サービスで非弁業者と弁護士事務所の違いは?

退職代行サービス 非弁業者 弁護士事務所 違い

退職代行サービスを利用するときに注意したいのが、“非弁行為”になります。

簡単にいうと、弁護士資格をもたない人(会社)が、法律に関わる事務を取り扱う行為のことです。

例えば、一般的な退職代行サービスを提供する非弁業者が、依頼者に代わって有休取得の交渉を行ったとします。

この場合、非弁業者は依頼者に代わって有休取得をしたい旨を“伝える”ことは可能ですが、“交渉”を行うのは非弁行為となってしまうのです。

一方で、弁護士事務所なら、もちろん交渉を行うことができます。

つまり、非弁業者と弁護士事務所では、業務ができる範囲が違うということです。

そのため、非弁業者を利用するときは、適正な業務範囲で代行サービスを行っているかどうか見極める必要があります。

万が一、非弁行為を行う業者に依頼してしまった場合、最悪トラブルに巻き込まれてしまう危険性もあるので注意が必要です。

優良業者を見極めるポイントは、顧問弁護士が在籍していること。

というのも、このような非弁業者なら顧問弁護士の指導の下、適正な業務範囲で代行サービスを行っていると信頼できるからです。

ですが、見極めが難しいという方や有休取得など交渉したいことがある方は、弁護士事務所に依頼した方が安心かもしれません。

退職代行サービスの料金比較をチェック!

退職代行サービス 非弁業者 弁護士事務所 違い

非弁業者の料金相場は、アルバイトで3万円、正社員で5万円程度です。

24時間365日対応で相談料は無料の上、追加費用は一切かからないというところがほとんどです。

中には、勤務形態にかかわらず一律で3万円程度の業者もありますよ。

退職できなかった場合、全額返金してくれるサービスがある業者も。

料金だけではなく、転職サポートをしてくれたり、心理カウンセリング特典がついていたりとサービス内容も業者ごとに少しずつ違います。

一方、弁護士事務所の料金相場も5万円程度となっています。

先ほどご紹介したように、弁護士事務所に依頼すると業務範囲に制限がないほか、退職届の提出がいらないことも。

ただし、未払給与や残業代、有休の交渉などを依頼する場合は、別途オプションとして利益の20%程を支払う場合もあります。

いずれにしても、サポート内容を事前によく確認して、信頼できる業者を探しましょう。

まとめとして

今回は、非弁業者と弁護士事務所の退職代行サービスの業務内容や料金の違いについてご紹介しました。

それぞれにメリットやデメリットがあり、一概にどちらがよいとはいえません。

あなたの労働環境によっても、どちらを利用するのがよいかがかわってくるので、今回の記事を参考によく考えてみてくださいね。

いずれにしても、プロの力を借りることで早く悩みから解放されて、新しいステージへ進みましょう。