退職代行サービス

退職代行サービスの利用人数や男女比は?依頼者が増えている理由もチェック!

退職したいけど会社に言いづらい。

すぐに辞めたいのに、人手不足で辞められない。

そんな時に利用したいのが、退職代行サービスです。

本人に代わり、会社へ退職の手続きをおこなってくれる便利なサービスでここ数年、利用者の数は増加しています。

ここでは、【退職代行サービスの利用人数や男女比は?依頼者が増えている理由もチェック!】などを解説していきます。

退職代行サービスの利用人数や男女比は?

退職代行サービス 利用人数 男女比

現在の日本は、これまでにない人手不足となっています。

会社では常に働く人が足りず、辞めたいと言ってもすんなり認めてもらえない人も珍しくありません。

全国の労働局にも、退職に関する相談が多く寄せられています。

そんな中、退職代行サービスを利用して会社に辞めたいと伝える人が増加しています。

あるサービスでは、1ヵ月間に700件以上の依頼がくることも。

退職代行を依頼する人は男性が約6割、女子が約4割。

年代は20代~30代が中心です。

男性の利用者がほとんどで多いのかと思ったんですが、意外に退職代行サービスは男女比はほとんど一緒なんですね。

退職代行の市場規模は今後も拡大する見込みで、弁護士事務所などでも新しく退職代行サービスを始めたところもあります。

今はまだ珍しいという感じがしますが、これからは退職代行が当たり前になっていくかもしれませんね。

会社を辞めたいのに辞められないという悩みを持っているなら、このようなサービスを利用することは、とても有効です。

一人で悩んでいても解決するのは難しいですし、余計に大変な状況になる場合もあります。

退職代行は、退職に関するプロです。

知識も豊富ですし、どのようにおこなえばスムーズに退職できるのかのノウハウも、しっかり分かっています。

ずっと悩んでいても、ストレスで負担が大きくなってしまうので、早めに対処することも大切です。

退職代行サービス依頼者が増えている理由もチェック!

退職代行サービス 依頼者 増えている 理由

退職したいと自分で言えば良いのに…と思う人もいますが、実際に退職希望を伝えたところ、強引に止められ精神的に追い詰められてしまった人も多いと言います。

いわゆるブラック企業で、毎日遅くまで残業して休みもないという労働環境でも、辞めたいと言えば上司に怒られると悩んでいる人もいますね。

このような問題も、人手不足で他に働く人が見つからないという理由が大きいのでしょう。

従業員が少なければ、その分一人あたりの仕事量も多くなります。

人手がただでさえ足りないので、簡単に辞めることもできません。

なかには、強引な引き留めがあるために、次の就職先を見つけることができないケースも。

多くの人が以下のような理由から、退職代行を依頼しています。

  • 社長が怖すぎて自分から言い出せない
  • 仕事のストレスでこれ以上精神的負担を増やしたくない
  • 退職したいと言ったのに、受け入れてくれない
  • 申し訳なくて退職を言えない
  • 残業・休日出勤ばかりで休みがない
  • 転職先が決まっているが、何と言えば良いか分からない

すでに仕事に対するストレスが大きいのに、退職のことを考えるとさらに辛くなりますよね。

また、手続きなどもよく分からず、何をすれば良いか困ってしまうこともあります。

退職代行の相場は3万円~5万円

その金額で、今の辛い状況を脱出できるなら依頼した方が良いと感じる人が増えてきています。

自分で勇気を出して退職希望を伝えたところ、物を投げられたり、罵倒されたりということがあるのも事実です。

そのまま会社に行かなければ良いのかもしれませんが、自宅まで来て何かされるかも?と心配になってしまいますよね。

会社は、従業員の住所や電話番号など個人情報も把握しているので、何かあるのではと思ってしまうのも仕方ありません。

まとめとして

退職代行は、会社に退職を伝えてくれるサービスです。

市場規模は拡大していて、利用する人も年々増えています。

その理由のひとつは、深刻な人手不足

従業員を辞めさせたくないからと、無理やり引き留めて、退職を認めないケースが多くなっています。

また、上司が怖くて退職を言い出せない人も。

無理やり仕事を続けていても、ストレスがどんどん大きくなってしまいます。

辞めたいのに辞められないなら、精神的に追い詰められてしまう前に、退職代行を利用するのもひとつの方法です。

退職代行サービスを上手に活用して、辛い状況から抜け出しましょう。