退職代行サービス

退職するのに良いタイミングや月は?逆に避けたほうがいいケースも紹介!

これから退職をしようと思っている方なら誰でも円満に退社したいと考えますよね。

でも、退職するタイミングによってはあなたが損をしてしまう可能性もあるのです。

避けた方がいい時期に退職の申し出をすると、手続きがスムーズに進まないこともあるかもしれません。

そこで今回は、

【退職するのに良いタイミングや月や逆に避けたほうがいいケース】

についてフォーカスしていきます。

退職するのに良いタイミングや月は?

退職 タイミング 月

退職するのに良いタイミングは人それぞれですが、あなたが仕事に嫌悪感をもったときが一つの目安です。

労働環境はさまざまですし、職場に慣れるのにはある程度の時間がかかるので、早急な対応をすると後悔してしまうことも。

ですが、ある程度の期間続けてみてもあなたの負担にしかならず、心身を消耗してしまうようなら退職を考えるタイミングかもしれません。

月でいうと、7~8月や4~5月頃がおすすめです。

というのも、7~10月頃は新入社員の研修なども終わり、人事部も落ち着いている時期だから。

仮にあなたが退職しても穴埋めの採用活動などに充てる時間が比較的つくりやすいので、スムーズに退職できるでしょう。

金銭面から考えてもボーナスを受け取ってから辞めるのがベターですよね。

一方4~5月は、ちょうど新入社員研修が終わり、配属先が決定される時期です。

退職者がでた場合も新入社員を回すなど人員の穴埋めがしやすく、退職しやすいといえるでしょう。

退職するのに避けたほうがいいケースをチェック!

退職 タイミング 月

基本的に、会社側に余裕のない時期は避けた方が無難です。

例えば、年末年始は年が変わる節目の時期であり長期休暇の前ということもあり、あいさつ回りなど会社全体がかなり慌ただしく働いていますよね。

このような時期に退職話がはいってくるとなると、手続きがスムーズに進まなくなるどころか、引き止められる可能性もあります。

同様に、業界によって時期は異なりますが、繁忙期も避けましょう。

自分の会社の繁忙期を把握しておくことも、円満退職への第一歩です。

上司の忙しくないタイミングを見計らって退職の話を持ちかけるのも大切ですよ。

法律でいえば、退職する2週間前までにその旨を伝えれば退職できることになっています。

でも、円満退社するにはなるべく1~2ヶ月前には会社に伝えるようにしましょう。

とにかく辛くて現状に耐えられないので今すぐ辞めたいという方は、退職代行サービスを利用するのもよいですね。

有給を利用して、即日退職ができることもあります。

退職代行サービスは、プロが親切丁寧に対応してくれる上に、ノウハウがあるため会社側と退職のやりとりもスムーズです。

信頼できる退職代行サービスを利用すれば、大きな負担を抱えることなく退職できるでしょう。

まとめとして

今回ご紹介した退職するのに良い月や避けた方がいいケースを知っておくことは円満退社への近道です。

ですが、ベターな時期まで待てないほど辛い労働環境で働かれている方もいるかもしれません。

そんなときは、退職代行というプロの力を借りてスムーズに退職しましょう。

退職手続きに煩わされることなく、理想の職場が見つかるとよいですね。