退職代行EXIT(イグジット)

退職代行サービスEXITは弁護士法違反?非弁行為とは何か見てみる。

現在、退職代行サービスをお考えならコチラ↓

退職代行EXIT(イグジット)はコスパ・内容で高評価です!

過酷な労働環境や上司からのパワハラやセクハラに悩んでおり、退職をしたいけどなかなか切り出せないという人も少なくない現代社会

仕事をしながらも、毎日苦しい生活を送っている方のために近年登場した新サービスが退職代行です。

中でも、退職代行サービスEXIT(イグジット)は、そんなニーズをいち早く察知し、サービスを立ち上げた業界のパイオニアとして有名ですよ。

依頼実績は1500件以上で、退職成功率は100%!

依頼や相談への対応が早いことにも定評があり、依頼した時間によっては即日対応もしてくれます。

ですが、

“何か怪しいサービスで、法に触れていたりするのでは?”

と、不安になる方もいるでしょう。

そこで今回は、

退職代行サービスEXIT(イグジット)は弁護士法違反?

非弁行為とは何か見てみる。

について、フォーカスしていきます。

退職代行サービスEXIT(イグジット)は弁護士法違反?

退職代行サービス EXIT 弁護士法違反

退職代行サービスEXITでは、顧問弁護士から指導や監修を受け、法律を守って合法的にサービスを提供しています。

弁護士の指導を受けることで、業務範囲の適正化に努めているのです。

そのため、退職代行サービスでできる業務とできない業務をきちんと認識していますし、弁護士法違反にはあたりません。

弁護士法に触れずにサービスを提供するためには、原則として退職代行業者が会社側と交渉をすることはなく、あくまで退職“連絡”の代行です。

とはいえ、退職の意思を伝えてもなかなか辞めさせてくれなかったり、退職を言い出しづらかったりする時には本当に助かるサービスといえますね。

退職代行サービスEXITでは、なかなか受け入れてくれない会社にも丁寧に時間をかけて退職の意思を伝えてくれますよ。

1週間以上連絡を取り、受け入れてもらえたという事例もあるほどです。

退職代行「EXIT」の公式HPはコチラより↓


スピード退職可能で退職成功率は「100%」!

非弁行為とは何か見てみる。

退職代行サービス EXIT 弁護士法違反

非弁行為とは、簡単に言うと、弁護士以外の人が法律事件(ここでいう退職に関すること)にまつわる交渉や各種公的文書の代筆をしてしまうことです。

弁護士法72条で定められるもので、これを行うと法律違反となってしまいます。

ですが、退職に関する手続きの仲介役としてさまざまな連絡をしてくれるので、依頼者は会社と直接やりとりすることは一切ありません。

退職代行サービスEXITでは、退職後、離職票が届かない時の催促まで行ってくれますよ。

また、弁護士に依頼すると15万円前後と莫大な費用がかかる一方で、退職代行サービスEXITなら低コストで代行してもらえます。

料金体系も明確で、正社員・派遣社員が5万円、アルバイト・パートが3万円で、退職完了まで追加料金もありません。

有給休暇の取得や退職金についても交渉はできませんが、請求の代行は行ってくれますし、ほとんどがそれで取得できていますよ。

まとめとして

退職代行は近年登場したばかりのサービスで、不安に思う方も多くいることでしょう。

ですが、文中でご紹介したように、退職代行サービスEXIT(イグジット)は、顧問弁護士の指導の下、適切な対応を心がけています。

業界のパイオニアとして多くの実績もありますし、安心して任せることができそうですね。

退職できずに悩んでいる方は、ぜひ相談して早々に新しい一歩を踏み出しましょう。

あなたが現在退職をお考えなら退職代行EXIT(イグジット)をチェック!

退職代行EXIT(イグジット) 口コミ評判「やめる」ことは決してマイナスでなく、次への第一歩です。